名取試験、師範試験

月曜日に東京にて名取試験、師範試験が、おこなわれました。
毎年、春と秋に行われます。
名取試験は、杵勝会から、名前をいただき、杵屋を名乗ることが許されます。
私どもは家元が、「勝三郎」なので、杵屋勝◯◯、と名乗ることが、多いです。
例えば、私のお弟子さん、「勝千代」さんは、私から「千」の字も入ってます。師匠の名を一文字いれることも多いです。

師範試験は、既に名取として名前をいただいていますが、この資格を得る事により、自分のお弟子に名前を取得させることができる、師範としての資格です。

見た目からだと、帯が違います。名取は白帯、師範は、オレンジ帯をつけることとなります。

この師範試験に、挑戦されたのが、母のお弟子さん。2人の試験官➕家元の前で、演奏を見ていただき、合否判定をいただきます。
名だたる杵勝の先生に見ていただくのは、それはそれは、緊張です。
そんなプレッシャーを跳ね除け、今回無事に合格されました。おめでとうございます㊗️🎊🎉
お弟子さんをたくさんとって、長唄、三味線の楽しさを伝えていって下さい。(^_^)
受験者、師匠、伴奏者の皆様方。

おめでとうございました。(^_^)

やさしい三味線・長唄教室 名古屋&東京&ハワイshamisen.nagauta class

なごや御器所教室・なごや植田教室・東郷教室  Nagoya gokiso.Nagoya ueda.Togo classes 052(806)0696 ayariku21@yahoo.co.jp

0コメント

  • 1000 / 1000